ボランティア

ボランティアについて

ボランティアとは、誰もが幸せに安心して暮らしていける社会を目指して、「自分のできること」を「できる範囲」で「自らすすんで」行うことをいいます。

【 ボランティアの心得 5カ条 】

  • 約束や秘密を必ず守ろう!
    ボランティアだからといって、約束事を簡単にやぶってはいけません。万一都合が悪くなった場合は、必ず先方に連絡しましょう。
    また、活動上知り得た個人情報は、ささいな内容であっても絶対にもらさないようにしましょう。
  • 謙虚な気持ちを忘れないようにしよう!
    「~してあげている」「~してあげたのにお礼の言葉もない」などという考え方や態度で活動するのではなく、対等な立場で活動しましょう。
  • 自己満足で終わらないようにしよう!
    ボランティア活動には相手がいます。善意が押し付けにならないよう、相手の立場になって物事を考えたり、相手の自立を妨げないようにしましょう。
  • 安全に活動しよう!
    無理せず、できないことは断りましょう。無理して活動すると大きな事故につながる場合があります。
    ※社協では、ボランティア活動保険に加入しています。
  • 楽しんで活動しよう!
    ボランティア活動によって得るものはたくさんあります。楽しむ気持ちを忘れないようにしましょう。

松野町のボランティア団体活動紹介

松野町福祉ボランティアグループ

地域の清掃活動(通学路清掃、庭の草引き)

災害時の支援

朗読ボランティアグループ「虹」(広報等の音訳、学校や学童での読み聞かせ)

趣味や特技を活かした活動(調理、園芸、生け花、日曜大工、パソコン等)

松野町日赤奉仕団

行政の防災訓練への参加

小学生との手つなぎボランティア

子育て支援センターでの防災講座

ボランティア活動に参加してみたい方、または支援が必要な方は、社協にご連絡ください。

ボランティア登録制度

松野町社会福祉協議会では、「ボランティアをしたい」という方と「ボランティアをしてほしい」という施設や団体などの両者を募り、その橋渡しをすることを目的とした登録制度を始めました。(平成27年4月~)

ボランティア登録制度パンフレット(PDF形式:89KB)

時間がなくてもできるボランティア

ボランティアに興味があるけど「何だか大変そう」「忙しくて時間がとれない」という方は、場所も時間も選ばずに、手軽にはじめられる「収集ボランティア」があります。

使用済み切手(古切手)

収集方法:切手はハガキや封筒からはがさず、切手の周囲1cmの余白を残して切り取ってください。

書き損じはがき

※ 書き損じはがきとは、文章や宛名を失敗して出せなくなったものや、買ったけれど使用しなかったもの等、未投函の年賀状や官製はがきのことです。

古切手や書き損じはがきがまとまったら、収集団体へお届けしますので、社協にお持ち下さい。