事業紹介

介護保険のサービスの利用までのながれ

介護保険のサービスの利用までのながれ

居宅介護支援事業

介護保険で要介護と認定された方が、自宅で自立した生活を送ることができるよう、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、プランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や医療機関、包括支援センター等との連絡・調整を行います。また、介護保険に関することや各種手続きの相談も行います。

訪問介護事業

訪問介護事業では、介護保険法令に従いご利用者が居宅でその有する能力に応じ、可能な限り自立した日常生活を送る事が出来るように支援する事を目的として、サービスを提供します。

訪問入浴事業

訪問入浴事業では、介護保険法令に従いご利用者が居宅において自立した生活が送ることが出来るよう、入浴の支援を行うことによって、ご利用者の身体の清潔保持、心身機能の維持回復を図り、ご利用者の生活機能の維持または向上を目的としてサービスを提供します。

障害者居宅介護事業

  • 障害者居宅介護事業では、ご利用者の心身の特性を踏まえて、その有する能力に応じた自立した日常生活を送る事が出来るよう、入浴、排泄及び食事等の介護その他の生活全般にわたる援助を行います。
  • 関係市町村、地域の保健・医療・福祉サービスとの綿密な連携を図り、サービスの提供に努めます。